消して書き換える。


からだ部では、 

イメージを大切にする、 

様々なワークがあります。 


中でも、 

本日ご紹介する、 

頭に向けてのワークはまさにそれ。  



部長  「エリさん。最近、やることが多くて頭がいっぱいいっぱいだよ〜」 

副部長 「じゃ。消しちゃう?いらないの。」 

部長  「え。消すって?」 

副部長 「消しゴムでスラスラと」 

部長  「え?」 

副部長 「イメージ・イメージ・イメージ。」 

部長  「・・・は、はぁ」 

副部長 「じゃ。目を閉じて、座って」 

部長  「怖いっす。怖いっす」 

副部長 「どうでもいいことはこうして消して、消して、消して。消します。」 

部長  「・・・・・。」 

副部長 「どう?」 

部長  「・・・、ええと。・・・。」 

副部長 「だいぶ、いい感じ。じゃ、書き足すね」 

部長  「え。何を?」 

副部長 「ひ・み・つ!」 

部長  「怖いのでやめましょう。怖いので。なんか、洗脳されそうです!!!」 



 (以下、割愛)  


という感じで、 

からだ部ではちょくちょく、 

からだに関係するワークをトライアンドエラーしております。  


部長の頭に副部長が何を書いたのかは誰にも知る由はありませんが。。。 


この技を使って、 

上司や社長や夫の頭の中をまっさらにして、 

是非あなたが好きなように相手を書き換えてみてはいかがでしょうか? 


追記;からだ部のワークショップでは実施しないでしょう。



 からだ部  

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000