「ゆだねるコトのボディーワーク」レポート

日時:2018年9月15日(土) 13:00〜16:30
会場:上池袋コミュニティセンター和室
参加者:10名
ファシリテーター:永井美里・上本竜平・青剣・深堀絵梨
写真撮影・レポート作成:ふくながまさえ

(本ワークショップはからだ部vol.11に当たります)


今回からだ部ではAAPAの永井美里さんと上本竜平さんをお招きして、自分を委ねることによって生まれる、他者と繋がる心地よさを探っていきました。


まず 青剣&絵梨のリードで、ネームトス・背中オニ・肘肘肩肩…など、心と身体の距離を縮めるワークを行いました。

美里さんと竜平さんにバトンタッチ。


床に身体をゆだねます。
自分の身体の下に、自分の身体が在る時に頼れる場所が在るか?を確認します。
小休止。

顎・顔・肩…無意識に力が入っていることに気づいたら、一つずつ力を抜いていきます。


揺らされる方も揺らす方も力を抜いていきます。

自分の重さを伝える。
手だけで引っ張らない。
大根を引き抜くように。

背中の凹凸どうしを合わせていく。

押す。
コシのあるパン生地をこねるように。
押して押し返す。少しずつ強く。
パン生地膨らみました。

そしてジャム。踊りたい人は踊り、休みたい人は休む。きままな時間。

繊細につづられていくこの動作を、言葉に置き替えると何になるのだろう?

ゆだねる・崩れる・均衡・流れる・ため息・息抜き…?

そんなことを思いながら参加していました。


ワーク中の美里さんからの言葉

『あせらずに、自分が立っていける場所・座っていける場所を探す』

そのまま日常にもつながるように思います。

雨の中、足をお運びくださった皆様。本当にありがとうございました。

遠方からも…ありがとうございました。

またみなさまとつながれることを、からだ部一同楽しみにしています。


永井さん&上本さんの情報は、こちらからどうぞ。

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000