映画のある暮らしvol.19「スターウォーズ最後のジェダイ」

スターウォーズは大学生のときふと思い立って全部一気に観ました。


このエピソード4が公開された1977年当時にこの映像がどれだけすごかったか、

当時のスターウォーズファンの気持ちを想像するのも楽しかったです。

エピソード4なんて今思えばすんごいチャチいんだけど…。


エピソード1は家族で観に行きました(今はもう無い映画館です、いい思い出)。

この「最後のジェダイ」は、すでにみんな言っていることだけど、

寝ても覚めてもスターウォーズのこと考えてるヘビーなギークがネタで作ったみたいな映画だなと思いました。

お菓子食べながらあーだこーだ「アレはないわ~」「あのシーンウケたよね~」って友達とおしゃべりするのが楽しい映画。

って、スターウォーズっていつそういう映画になっちゃったの?感が否めない。


ここまでネタに走ってしまっていると正直、往年のスターウォーズファンがかわいそうというか…そりゃ認めらるわけないよな…。


いや!でもわたしはこれはこれで面白いんじゃないかなと思いました。

絶賛する気にはならないけど。。。


これ半ペラ(片面印刷)で描いたんですけど、けっこう評判よくってわたしも嬉しいです。

新しいスターウォーズが出たらまた描こうかな?


ハン・ソロについては…何もしゃべりたくないです。




【一人映画部】 若林理恵(Waka)

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000