からだ部vol.13レポート 2019/1/12

からだのことはよくわかりません。 

ただたまに、身悶えたくなるのです。 


初雪が舞う東京で、本年も、からだ部が部活を始めます。 



あそぶ


背中鬼


行きたいけど行かせない


思いやりキックボクシング 



できる限りナルシスト



ばかっこいい


勝手にショータイム


お互いのショーを見合います。 


今度は何もしないで居てみる(立つだけ)。


シェアリング

それぞれの人から見えてきたイメージを言葉で共有しあいます。 

 


踊らされてみる 

3人一組になり、1人が目を閉じて、他の2人がその人を踊らせます。

踊らされる人は相手のエネルギーやベクトルを素直に受けて程々に自分の動きに還元します。  



操り人形

同時多発的に身体の各部位をバラバラに動かしてみよう。 



 脱・理性へ向けて「身悶えリニューアル」


突然笑ったり、泣いたり、怒ったり、無表情になったりと、顔のくしゃくしゃ体操をします。

社会で暮らす人間の皮を脱ぎ捨てて獣を目指したり。

未開人のごとく呻いたり。

自分の自意識をとって出して、出して、出して、出して、オッペケペーになってみたり。

あるがままにおかしく誰かと関わったり。


踊り以前、動き以前の、身悶えを求めていくばくか。 



外を見ると、今年初の粉雪が、東京に舞い散っておりました。 


初雪の力に後押しされ、【身悶えリニューアル】を通してみなさんの殻が少しは破けたかもしれません。



 戯れる

合唱からのノープランタイムへ突入



最後はみんなでジャンプして新年の「からだ部」のワークショップを無事終えることができました。 


2019年も幕が開け、新年早々、とても充実したワークショップを過ごせることができました。 ワークショップを通じて、その日に出会った人とたちと遠くへと旅して帰ってきた、そんな感慨深い気持ちになりました。 そのような実りある時空を過ごすことができたのも、ご参加いただいた「感じの良い皆様」のおかげです。 

ご参加いただきありがとうございました。

からだ部





日時:2019年1月12日(土)10:00〜13:00

場所:上池袋コミュニティホール和室

参加者:10名

ファシリテーター:青剣

写真・レポート作成:からだ部


0コメント

  • 1000 / 1000