映画のある暮らしvol.15「パルプ・フィクション」

後日談)

これはかなり反響があった号。

マニアックかつ有名な映画なので

わたしの好きな映画を表現するのにぴったりな号でもありました。


この映画の掴めなさが、逆にイイ。


【一人映画部】 若林理恵(Waka)

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000