【赤の少女と白い虎】 10.金色の夢 (作・あだちあきこ)

(絵・津山文子)


 「あれ? ここは?」 


まぶしい日差しの中、木洩れ日の光で目が開いた。 

いつもの場所じゃない。 

「トランカ?」 

いつもそばで眠っているはずの白い虎がいない。 


目の前には海のような草原が広がっていた。 風にあおられて、大きくうねる緑はまるで波のようで生きものそのものだ。 

1本の大きな木の下で、姫はすくっと立ち上がった。 頭の上にはいくつもの枝が手を広げ、星のような葉がさざめいている。 木洩れ日が大きくゆれていた。姫はそのまま木にそうっと触れて、指先から脈打つ鼓動が響いてくるのを聴いていた。 

するとふと視界の端で、彼方の地平線から誰かが歩いてくるのが見えた。 

次の瞬間、目の前に見知らぬ老婆が立っていた。 


姫は顔色ひとつ変えず、少しだけ笑った。 

「初めまして。わたしはジョーイといいます」 

老婆は目を見開き、姫を見た。 

「おや、お前は夢のしきたりを知っているのだな」 

「長老に聞きました。夢の中ではまず、名乗るようにと」

 「ふむ、それも相手をみて、だろう?」 

「はい」

 姫は少し照れくさそうに笑った。 「自分の名をいうのは、これが初めてです」 「それでよい。お前は正しい」老婆はまっすぐに褒めた。 


姫の瞳が放つ好奇心が、周りの風景をはちみつのように溶かしていく。

 「話したいことがあるのだね」 老婆は姫を顔を見つめて、静かに言った。 

「はい、たくさん、たくさんあるのです」姫は答えた。 

「しかし」老婆は姫の瞳をまっすぐにとらえて言った。 

「それを話してはならぬ」 

「どうして? あなたには話してもよいと思ったのに」

 ふふふ、と老婆は笑った。

 「もう話しているではないか。ほら、その胸の中に入ってごらん」

 姫は静かに自分の呼吸に意識を向けた。

みるみるうちにその頬はバラ色に染まり、歓喜の花が肩からこぼれ落ちた。

 「……本当だ。すごい! なんで? 」

 「……よいか」

 老婆はゆっくりと腰をおって静かに座った。姫もその傍らに座り込んだ。


 「そなたにはとてもたくさんの情報が入っている。

それは大きな輪のもとに授けられた贈り物だ。 

それを織物で成すものもいる。歌で成すものもいる。

すべて、気高く、美しく、この世界に放たれるもの」 

姫はうなづいた。 

「だから、大切に扱わなければならない。その力を知らなければならない。 

大丈夫、言の葉にせずとも、胸を通して放たれている。 

ただ、それに気づく者と気づかない者がいるだけだ」 

老婆はふっと姫の横をみながら言った。

 「例えば、この子はどうだ?」 そこには大きな白い虎がねそべっていた。

 「トランカ!」姫がそういうと、白い虎は目を細め、姫の胸に顔をうずめた。

 「うん、トランカとはいつもそんな感じです」 

老婆はうなづき、ふっと目線を上げた。

「あの者たちはどうだ」

 振り向くと、奥の院の長老と宇宙の風の風読み師がそこにいた。 

「うん……いえ、はい!」姫は大輪の花が開くように笑った。

 「そうです、そうです!」「……それでよい」

 老婆は目を細めながら、草原のはるか地平線を眺めた。 


「嵐がくるぞ。お前はどうする?」

姫はトランカの首から手を離し、顔を上げた。 

「わかりません。でも」

遠くの空にわきたつ黒い渦流を見て、笑った。 

「そのときになれば、わかる気がする」 

「それでよい」 老婆はゆっくりと立ち上がった。

 「だが、そなたのその好奇心だけはどうもできんな」 老婆は姫の顔をまっすぐに見て言った。 

「あれにはそれをつかってはならぬ。

待ちなさい。 そのままのお前の光を向けてはならぬ。

そのときまで、眠っていなさい。 

目を開けたまま、夢をみるのだよ。わかったね」 

老婆はそう言いながら、姫の手をしっかりと握った。 


姫はハッとして老婆を見た。 

そこには大きなやまゆりの花が静かにゆれているだけだった。 

「待って!」姫は空に向かって叫んだ。

そして何かを追うように走り出した。 

「待って! まだ行かないで!」

姫はそのまま、かたわらで駆けていたトランカの背に飛び乗った。 トランカは身をかがめて大地を蹴った。 あっという間に光の速さで天を駆け上っていく。 大きな首にしがみついてた姫の耳に、美しい鐘のような調べが響いてきた。 

「あら、困った子。こんなところまでついてくるなんて」 

「待って! 待って!  待って!」 

息もできないくらいのスピードの中で姫は固く目を閉じたまま叫んだ。

 すると何かがふわり、と頬をなでた。

 「大丈夫、またすぐに会えるから」美しい言霊とやわらかな感触。 

ハッと目を開けると、金色の長い髪が見えた。 

「あなたは……」 

その名を叫ぼうとした瞬間、耳元で声が聞こえた。 


 「ジョーイ、そろそろ時間よ」  

やさしく頬にふれた母が、ベッドの傍で笑っていた。

 「……おはよう。母さま」 

姫はそういって再び目を閉じ、少し笑った。



つづく。

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000