威嚇ごっこ


からだ部のプログラムでは、 

後半の方で「組み手」と称するワークをします。 


合掌して、あとは自由。 


相手を感じて動いたり、動かなかったり、喋ったり、吠えたり、寝たり、抱きついてみたり、踊ったり、 基本的には、「噛みつかなければ」なんでもありという「周りに見せること」を意識した全体との関係構築のワークです。 



そんな中、 

なんらかの不可思議な動物になって、 

お互いに威嚇し合うような関係がある日のからだ部で生まれました。


 偶然、 

その日のプログラムの流れによって生まれた場面ですが、 

この関係性に「威嚇ごっこ」とからだ部は名付けることに決定。 



そして今後も、 

意図的に威嚇し合うような、

そんなスリリングなワークを行ってもいいかなと思いました。 




 からだ部 

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000