宇宙飛行士


からだ部では、 

いつか空が飛べたらいいなと、 

いつも祈りながら活動しております。 (嘘です) 


そんなわけで、 

無重力状態を味わうことを目的とした、 

「宇宙飛行士」をというワークがあります。 


内容は、 

四つん這いになった相手の体幹部に、 

自分の体幹部(骨盤周り)を乗せて縦横無尽に色々と動いてみるというものです。 


実際にやってみると、 

宇宙飛行士への憧れが募る一方で、 

私たち人間はいかに重力に支配されているかに気づきます。 


れもまた、 からだ部の不可思議なワークのうちの一つですかね。 




 からだ部  

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000