書を捨てて「からだ部」が街に出かけます!



 「やさしくローキック できる限り 毎日されたい」という検索で、こちらにたどり着かれた皆様、初めましてアロハオウイエイ〜! 


からだ部部長の青剣(変な人)と、副部長の深堀絵梨(ダンサー)です。  


最初にみなさまにお詫びせねばならないことがあります。 


「からだ部」がお届けする「やさしくローキック」は、あまり足を高くあげないよねという理由で、急遽封印することになりました。  


なぜならわたしたち「からだ部」は、一般の人よりも足を高く美しくあげることを、信条とする部活動だからです。 


 (実は、そんなことは誰にも一度も言わなかったのですが。。。) 


それでも今後とも、 我が「からだ部」では、 皆様に深く満足していただける隠し技(愛しくビンタとか変なやつね)を量産して、 お届けできるような活動を続けてゆこうと思います。 


さて。 


本日は、 みなさんご存知の「からだ部」からの、 お知らせがあります!


え。 


そもそも「からだ部」を知らない。。。 


そうでしたか。 


ではまず。 


からだ部が、どんな部活であるかをぎゅっとお伝えした上で、お知らせについて話そうと思います。


 ❇︎ 


 

からだ部とは ?


毎回楽しすぎて、 笑いが止まらずに顎が外れる人、 腹筋がつってエビのように痙攣する人、 さらには心身ともにリラックスしてあの世に逝ってしまう人が続出する、 近年稀にみる超絶アブナイ感じが漂う謎の部活動です。 


最近掲げた目標は、 週刊誌に取り上げられて、 早く世間様にたたかれるぐらいの、 超ウルトラ級危ない部活動を目指そうというものです! 


ただ悲しいことに、 いまだに私たちの活動が生やさしいせいか、 捕まるどころかどうも警察機構に注目されていない模様です。 


それに危機を感じた私たちは、 「書を捨てて町へ出よう」(寺山修司の有名な本)をもじり、 「書を捨ててからだ部も街に出かけよう!」をコンセプトに、街中で「からだ部」の活動を範囲を広げることになりました。 


それが本日お伝えしたかったお知らせです。 


つまり【街中からだ部】はじめます。 


 ❇ 


その理由にちょいと触れます。


なぜ【街中からだ部】を始めるかというと、「からだ部」のワークショップは受講者に合わせて毎回プログラムを提案します。 


非常に優しいのです。  


ただ、受講される方々のレベルに合わせてプログラムの舵を取ることを忘れて、時には設立メンバーの部員たちだけで、周りを気にせず楽しむ時間を確保したいなと思いました。  


(楽しむことが原点です) 


わたしたちが少しでも羽目を外して、自分たちの楽しい時間を作ることが、活動そのものをより魅力的に豊かにすると実感しております。 


親愛なる皆々様におかれましては、いつか我がからだ部が補導される日を末長くお待ちくださいというのはご冗談、暖かくお見守りいただければ幸いです。 


 今後も。 



 からだ部をよろしく!!! 



                                                          2018年7月中旬 からだ部一同      

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000