海苔ミイラ (作 せいけん)


俺たちの目標は甲子園で優勝すること! 


しかし、炎天下の中、千本ノックをこなす過激な練習で部員たちはバタバタと倒れて行った。 


野球部の部員のうち、7名が過激な練習で倒れたせいで、野球を続けること自体が難しくなっていた。 


これでは甲子園を目指せない。 


監督は仕方がないので、カピカピに干からびた海藻のようなものを部員たちに渡した。  


「これを食べれば力が出る。」と。 


 部員たちは素直にそれを食べた。 


 すると、どうしたことか! 


 部員たちの体全身から海苔が生え出してゆき、全身を包んだ。 


 ある一人が言った。 


 「まるで、海苔のミイラだぁ!」と。  




部員たちはお互いにミイラになったことに驚きながらも、

生えてきた海苔を摂取することでミネラルを補給し、

練習中に倒れることはなくなった。 


強い日差しもガードされた。 


そして部員たちは熱心に練習を続けた。 


地区予選を突破し、海苔ミイラのチームは甲子園で戦うことなった。 


 「プレイボ〜ル!!!」 


彼らの破竹の勢いは止まることなく、

次々に強豪チームを倒していき、

ついに決勝戦まで勝ち進んだ。 


この先に見えるのは、そう、 


 【全人類海苔ミイラ化計画!】 


 である。 


これに勝利して、

人類が海苔化すれば、

もうミネラル不足に頭を悩ませることはない。  


つまり、海苔ミイラになれば、海のように優しくなれるんだ。 


 ち〜ん。 



作 せいけん


 (了) 

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000