からだ部の三つの活動。


みなさま 

こんにちは 変な人の青剣です 。


変な人の「変」には、 

風変わりなという意味とは別に、 

変化し続けてゆくという意図が込められております。  


そんな私が作る、 からだ部も少しずつ、 変化し始めております。 


(からだ部のロゴができました) 


 本日は、 からだ部の三つの、 ベクトルを簡単に記します。 




 1) メディア 


からだ部では、 

さまざまな部員たちとともに、

作品を創作して発表してゆきます。 


 最も、力を入れて、ゆきます。 





 2) ワークショップ


これまで通り、 

からだ部勉強会と称して、 

月に一回ワークショップを行います。 


ただ当初と少し変化したところは、 

何かしらのプログラムのファシリテートを、 

新入部員の中でできる方にはおいては気まぐれにバトンを託します。 


そうすることで、 

からだ部のプログラムの幅、 

つまりは遊びとしての余白を生み出してゆこうと思います。 


 最も、力を、入れません。 




 3) 企画 ( or 奇画)


からだ部では、 

部長のつながりの方々と、 

風変わりな企画(奇画)をほどほどに作り仕掛けて行ければと思います。  


特に、これからどんな企画が生まれるかは、わかりませんが。  


別に、 意識的に何かをしているのではなく、 

勝手に人が集まる中で話をを聞いているうちに、

カタチになっている、みたいな感じです。 


皆さま。 


 今後とも、 

 からだ部の、 

 多様な発信・活動をお楽しみください。 



 拝           からだ部 部長 青剣    

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000