【赤の少女と白い虎】 8. 悲しみの血 (作・あだちあきこ)

(絵・津山文子)



 城の門の前で、その男は屈強な兵士達に取り囲まれていた。


「名乗られよ」


 馬の上から兵隊長の声が静かに深く響いた。 



 血まみれの男は、何十もの剣を向けられながら、

 ただ立ちつくすのみだった。


 兵隊長の脳裏に、鏡池の悪夢が一瞬甦った。



「何もいわぬなら、これまでだ」



 いくつもの剣がその男を貫こうとした時だった。



「待たれよ」



 闇夜の中に、しわがれた大きな声が響いた。



 小さな老婆が、ゆっくりと兵士達の輪の中へ

 音もなく入ってくるのが見えた。


「こんなところで血を流されるおつもりか」 



 兵隊長の目に、遠くから怯えた顔で

 息をひそめる人々の姿が映った。


「なんだお前は」



「私は名もなき、ただの老いぼれ。

 それよりもご自分のなさろうとしていることを、

 よくご覧になりなされ。

 

 すでに悲しみの血に染まっているものを、

 さらに血に染めるおつもりか」 


 兵隊長は、薄汚れたローブをまとった老婆を見下ろした。



「お前に何がわかるというのだ」

「わかるとも」 


 老婆は言った。



「目をみればわかる。

 あなたは本当にその者が

 斬るに値する人間だとでもいうのか」 



 兵隊長は何か言おうとして、一瞬口をつぐんだ。

 そして一言、「火をもて」と命じた。


 一人の兵士がたいまつをもち、その男に近づくと、


 炎の下で

 血に染まった頬をあふれんばかりの涙が

 つたっているのが

 誰の目にもはっきりと映った。


 兵隊長は馬を降りた。



「そなた、名は?」


 その瞬間、男はその場に崩れ落ちた。

 

 すぐさま兵隊長の命でかつがれ、

 男は兵士たちとともに城の中へと消えていった。


 人々のざわめきの中で、老婆が去ろうとした時だった。



「お早いお着きでしたね」


 後ろから声をかける男がいた。


 それはグレーのローブに身を包んだ、

 宇宙の風読み師だった。 



 つづく。 

【隔週連載】次回8月21日に更新

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000