【赤の少女と白い虎】 6. 鏡池の清め (作・あだちあきこ)

(絵・津山文子)



 長老がひとり、池に向かって歩みだした。



 その後ろを、家族を抱くように国王が続いた。 

 それでようやく石のように固まっていた人たちが、生気を取り戻した。


 鏡池には、群青色の空が広がっていた。



「王家の血を引くもの、守護のもの、

 この場にいるもの。

 

 齢も性別も地位もなく、いまここに等しく。

 手をたずさえるために、立つ。


 我ら、民、国の歩む先に、希望の糸が届いておる。 


 みなの胸にいまある、その光を絶やさずに放つのだ。


 祝福を受け取るのだ」 


 そういって、鏡池の水面をすくい、 

 額と左右のこめかみ、くちびるにふれた。



「我、ここにあり」


 そして国王と王子たちから順番に、

 一族一人ひとりに、静かに祝福をした。



「これで最後だろうか」

 国王の言葉に、


「あなた、この娘がまだですわ」 

 妃が答えた。 



 そこには母の膝で、うたた寝している姫の姿があった。


「なんという娘だ」


 複雑な顔で見つめる国王の横をすり抜けて、

 奥の院の長老が姫のもとに、素早くひざまづいた。


 姫の額にそっとふれた瞬間、

 長老の両目がみるみるうちに見開かれた。

 

 国王は不思議そうに言った。


「どうした?」


 長老は何もいわず、妃をみてから、

 眠る姫を抱いて立ち上がった。


 振り返ると、鏡池を見下ろす山々の輪郭がきらめきだしていた。


「姫よ」


 長老の一言で、姫の目がゆっくりと開いた。


 そして長老の顔をみて、鏡池のパノラマに視線を移した。



「見えるな、あれが」


「はい」


「そうか」


 長老は静かに姫の目をみつめながら言った。


「私はこの気枯れをつれていく。

 

 わかるね。


 ということは、これからいつでも会えるし、

 話せるということだ。


 お前はさとい。


 よくみて、聞いて、

 助けをたくさん受け取りなさい。

 そして、思うままにいなさい。

 

 それ以外のことは気にせずともよい。大丈夫だ」


 そういって、小さなアメジストの数珠を姫に握らせた。

 姫は紫の光を握りしめ、長老の顔をまっすぐに見た。


「はい」


 その顔に、幼さのかけらはなかった。



 もし、ここに宇宙の風読み師がいたならば。



 彼女の髪がゆっくりと舞い上がり、 

 火の粉があがり、七色の柱となった姫の姿を見ただろう。


 あるいは、 


 いないはずの大きな白い虎が、

 姫を守るように前にでていくのを見ただろう。



「さあ、ここまでだ。

 みな、内へ座るのだ」



 朝日の中、長老の声で人々は瞑想を始めた。 


 目を閉じようとした長老の膝に、

 姫は勢いよく、ごろんと横になった。



 長老は閉じかけていた目を開いて、

 姫に小さくウインクをした。


 姫は笑って、ゆっくりと目を閉じた。



 長老は、二度と目を開けることはなかった。



 つづく。


【隔週連載】次回7月24日に更新

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000