【赤の少女と白い虎】 5. 災いのはじまり (作・あだちあきこ)

(絵・津山文子)



 深い霧が立ち込める夜明け前。

 王家の谷にある鏡池に、一族は集った。 


 銀のローブをまとった何十人もの僧たちが、すでにそこで待っていた。


 響き渡るチャンティングの中で、

 内なる世界をたぐりよせる日。 


 新たな世界の創造の扉がひらく日。

 

 それは王家に託された、2年に一度の儀式が行われる日だった。



 国王の横には18歳になった皇太子の姿があった。


 響き渡るチャンティングの中で、

 国王が静かに立ち上がり、池に近づいた。



「我、ここにあり」 



 そしてゆっくりとひざまづくと、鏡池の水を額に垂らした。



「この国と民、我らと世界の至福をここに放つ」


 この儀式を閉じる、最後の言葉だった。


 そうなるはずだった。



 突然、一人の僧が物言わず立ち上がった。

 その場にいた誰もが、ハッと見上げた。



 ローブで顔はみえない。


 だが、禍々しい気配がそこにあった。



「お前は誰だ」


 奥の院の長老が、口を開いた。



「我、ここにあり」



 ゆっくりとローブを開いたその者は、

 真っ赤な目で人々を見据えた。



「我ここにあり」 


 そういいながら、ゆらゆらと池に向かって歩き出した。


 人々は、ただ凍りついた。


 国王だけが、後ろにいた妃と王子たち、

 姫の前に立ちはだかった。


「そなたは一体・・・」



 誰もが恐怖に目を閉じる中、

 甲高い笑い声を放ち、


 その者の口が赤く裂ける瞬間を

 姫は見逃さなかった。


「待っていた。待っていたぞ、この日を」


 つり上がった目と裂けた口から

 真っ赤な血を流しながら、その者はゆらりと笑った。




「つややかに輝く闇が、いま開かれた。


 翼の王、ここにあり。


 この国の光はいま失われた。


 くつろがれよ。待たれよ。

 世界はひとつ。我の手にあり。


 力をもって、世界はひとつに向かうであろう」 



 言い終わるのを待たず、

 最後尾に控えていた騎士の放った剣が、喉元を貫いた。

 その者はゴボッと鮮血を放ち、仰向けに沈んだ。


 水面に響く、妃の叫び声。



 何千年にもわたる王家の儀式が、

 この日、呪いと血にそまったことを誰もが悟った。


 あわや恐怖に支配されかけた瞬間、

 奥の院の長老が口を開いた。



「みな、心して聞いてほしい。

 わずかだが、時間は残されている。


 さぁ、池のそばへ来るのだ」 



  つづく。 

 【隔週連載】次回7月10日に更新

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000