【赤の少女と白い虎】 4. 白い虎の予言 (作・あだちあきこ)

(絵・津山文子)



 午後の日差しの中、姫は宇宙の風読み師のもとへ駆けてきた。

 その傍らには白い虎が、ぴったりと寄り添っていた。 


 「これは姫さま」 



 宇宙の風読み師はその場に膝まづき、そっと目をふせた。


「ねえ、今日の風はどんな風?」 


 姫はくりっとした瞳で、まっすぐに顔を覗きこんだ。



 「・・・姫さまの風は、まるで金色にたなびく雲のように、

 世界をめぐっておられます」


「そう」 



 姫はゆっくりと、白い虎の頭をなでながら言った。


「トランカがいうの。もうすぐ嵐がくるって。本当?」



 風読み師は思わず、姫の顔を見た。



「それでね、お父さまやお兄さまたちが、

 大きな目に追いかけられるの。

 それでね、たくさんの人たちがね」


「姫さま」 



 風読み師はまっすぐに姫の目を見た。


「そのお話は、どうか、誰にもなさいませんように」


 姫の顔がすっと変わった。


「うん、わかった」



「もし誰かに話したいときには、どうぞ私にお聞かせください。

 羅針の間でいつでもお待ちしております」


「トランカも一緒に行っていい?」


「もちろんでございます」 


 宇宙の風読み師は、姫の横でまどろむ

 白い虎を見つめて言った。 



「トランカは、姫さまの目であり耳であり、

 血を分けた兄弟姉妹なのですから」 


 一瞬、目を開けた白い虎は、

 そのままゆっくりとまどろみに戻っていった。



「ああ、よかった! 本当はね、

 話したいことがたくさんあるの」  


 その瞬間、遠くの修練場から、剣が一斉に合わさる音が響いた。 



「いけない! 先生がもう来てる。じゃあ行くわね」 


 またね、風読み。

 そういって、姫は中庭の奥へと走り去っていった。 



 風読み師は静かに立ち上がり、姫と白い虎の後ろ姿を見送った。

 その顔からは、なにも読み取れなかった。 



 いつしか不吉な予兆の話は影をひそめ、

 人々は安寧の日々を取り戻していった。



 何事もなく季節は巡り、2年たったある日。 



 王家が一堂に会する瞑想の日に、それは起きた。 



 つづく。


【隔週連載】次回6月26日に更新

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000