【赤の少女と白い虎】 2. 不吉なメッセージ (作・あだちあきこ)

(絵・津山文子)


 

 一番上の王子が、16歳の誕生日を迎えた日。


 国中はいっせいに歓喜にわき、

 宮殿の前にはたくさんの人が集った。


 この国では16歳になると、

 一人前の大人として扱われるのが習わしだった。

 

 王子は皇太子としてこの日、人々の前に立った。


 人々は我先にと祝福のことばを

 投げかけては笑い、歌い、踊った。


 そのことだまは、七色の花びらとなって

 国をまるごと包み込んでいった。 


 王子の横には国王、妃、2人の弟たち、

 そして小さな姫の姿があった。


 祝いは1日中続き、夜には祝祭の集いが宮殿で催された。



 隣国の要人たちが、国王と王子への祝いのことばと

 品々をたずさえてやってきた。


 その日一番最後に到着したのは、

 真っ白なローブをまとった背の高い男だった。


 男はいった。 



 「親愛なる国王と皇太子。

 晴れの日を心よりお祝い申し上げます」


 その瞬間、側近たちが少しざわつくのを、

 国王は見逃さなかった。



 「お越しいただき感謝する。

 さて、あなたはどの国からの使者だろうか」


 白い男は答えた。



 「わたしの主人は、遠き空、そして近き空より、

 この国を長く見守ってきた翼の王。

 ぜひお耳に入れていただきたいことあり、参上しました」 


 最後まで言い終わるのを待たずに、

 側近たちが一斉に剣をひき抜いた。



 その男は誰にも招待されていなかったからだ。



 屈強な戦士に取り囲まれた白い男は、

 すくっと立ち上がった。



「我々は、いずれ世界をひとつにたばねる

 選ばれしものである。

 この国とて例外ではない。


 待たれよ。備えよ。


 全てがひとつとなる、その日まで」


 最後の言葉を待たず、

 いくつもの剣がその男に振り下ろされた。 

 真っ白なローブは塵じりに裂けて散っていった。



「見てはいけません」


 妃は横にいた姫を固く抱きしめ、その目をふさいだ。 

 

 でも、姫は指のすき間から全部見ていた。



 その男がズタズタに引き裂かれ、

 中から一羽のカラスが飛び立つ姿を。


 無表情な漆黒の闇をたずさえた、そのまあるい瞳を。



「待たれよ、備えよ」



 カラスは甲高く叫び、そのままバサバサと外へ飛びたっていった。



 不吉なベールに包まれた祝祭は、その場で瞬時に閉じられた。



 すぐに寺院からチャンティングマスターたちが駆けつけ、

 その場にいた人々は空間とともに一斉に清められた。



「天と地の名のもとに、

 胸から放つ光と調和が世界を導かんことを」 



 祈りのことばをききながら、

 姫はカラスのどこまでも黒い瞳を思い出していた。 


 この噂はすぐに国中に広がった。 



 つづく。 


【隔週連載】次回5月29日に更新

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000