ばんばんざい 【デパーゼ vol.21】


夕食のグリーンカレーを作ったのち文絵の小学校の作文を読んだ。


 ♈ 


 『ばんばんざい』

 

                        6年B組 T・T 


町に路面電車が走っていた。
 

ただ、最近は、ダイヤの乱れが目立つようになってきた。
 

その原因は、『すれ違いポイント』における過剰な『安全確認』である。

 


『すれ違いポイント』とは何か?

 


路面電車は単線なので、

すれ違う場所を設けておかなければ、

東から来た電車と、西から来た電車が、正面衝突をしてしまう。 


そのため、線路の一部を二股に振り分けて、一時的に電車を避難させる。


その場所が、すれ違いポイントだ。
 


すれ違いポイントで、

対面からの電車を待ち、

互いの『安全確認』後、電車はそれぞれ、東へ西へと進んでゆく。
 
 


最初のうちの『安全確認』は、運転士どうしの目配せ程度であった。
 


しかし、そのうちそれが、エスカレートしていった。 


窓から腕を出してハイタッチになり、 

身を乗り出したハグになり、 

車外に出て腕を組んで踊り出すまでになった。
 


それを見ていた乗客も面白がってはやし立てるものだから、ますますダイヤが乱れた。 


ある日の彼らの踊りは、本当に素晴らしかった。 


車掌もじっとしていられなくなり、ドアから外に出て、一緒に踊った。 


乗客もじっとしていられなくなり、窓から外に出て、一緒に踊った。 


電車を囲んで、みんなが楽しそうに踊った。
 


そんな中、車内には一人の男がうつむいたまま、じっと座っていた。 


肩が少し震えていた。
 


その男は、すくっと立ち上がり、叫んだ。 


「僕も参加する!」

 


最後の乗客が飛び出したその日から町では電車が走らなくなった。  



作 青剣

絵 ヤマネコトリコ


からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000