校庭の片隅でなぜか呪文を唱えていた【デパーゼvol.13】



子供の頃、

僕は校庭の片隅でなぜか呪文を唱えていた。


その中に「デパーゼ。」というものがあった。
 

意味を問われても答えることが出来なかった。
 

意味など、なかったからだ。
 


ただそれが、世界を変えると思っていた。
 

しかし、それを確認する前に大人になってしまった。 



作 青剣

絵 ヤマネコトリコ


からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000