神様へのお願いごと【デパーゼvol.9】


夕方、目が覚めてから夕食の準備にかかる。
 

スーパーで買った特売品の牛スネ肉を紹興酒と醤油とみりんで二十分ほど煮込み、そのあとニンニクと赤唐辛子を入れてさらに四十分ほど煮込んだ。それと一緒に温野菜を作るため野菜を蒸した。
 

その間、作文を読んで過ごす。
 

文絵の小学校の子供たちが書いた自由作文である。 


 ♈

  


『神様へのお願いごと』

                        4年A組  D・N 
    
 

治療をする前に『痛いですよ』と歯医者が言いました。
 

治療は、本当に痛かったです。
 

みんなは、『歯医者で痛いのは、当たり前なので、我慢しなさい。』と言いました。
 


でも、僕は痛いのが嫌いでした。

 

ある日。
学校で、『努力』という言葉を教えてもらった僕は、言いました。 


「先生、患者さんに対して、痛い思いをさせないための努力はしているのですか?」


 歯医者の先生はぽかんとしました。 

だから僕はたたみみかけてやりました。 


「最初に断りを入れておけば、何をしても許されると勘違いして、努力を怠っているのではありませんか?」 


すると、歯医者は、笑顔で答えました。 


「麻酔をすれば大丈夫。さあ、大きく口を開けてください。」 

その日の治療は、やっぱり痛かったです。
 

だから、神様にお願いしました。 


『痛い歯医者を消してください。』

  


歯医者が神様にお願いした事は、 

『生意気な子供を消してください。』
 

だと思います。  




作 青剣

絵 ヤマネコトリコ


からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000