賞味期限付き職業( or 職場)論 



珍しく 

仕事論的なものについて、 

つらつらと。  


今やっている仕事は、 

三年で変わると、 

ちょうど良いのではないかという内容です 


(ちなみに仕事内容は変わらずとも、職場が変わることも含まれます) 



【三年もするとだいたい人は変わる。】 



最近、 

おつきあいのある不動産屋の営業さんから、 

この度退職することになりまして的なハガキがありました。 


理由も、その先についても書かれておりません。 

ただ、後任の方の名前が記されております。 


よくあるよね?  


ちなみに、 様々な業種で、 

仕事内容は一緒だけど、 

職場をかえたり、契約先の会社を変える人っているなと感じます。 


思えば、 

世の中の企業の多くの人々が、 

人としての代価えが効く仕事ばかりしているんだなと思いました。 


 (否定的な意味ではなく) 


 これについては長々書きません。 



 【ゲストは三日で魚グサい。】 



では、なぜ人は移動するのか?  


その理由は、 長らくいると、 生臭さをはっするからに尽きると、思う。 


何年か前、 

東京でシェアハウスをしていたときに、 

毎晩世界中から旅人を招き、【家の中で世界旅行】をコンセプトに暮らしておりました。  


旅人たちの滞在期間は二泊三日( or 三泊四日)がちょうど良いと感じました。 


一日は短いし、一週間はやや長い。 


 三日か四日あたりから生臭くなるからです。 


 つまり鮮度を保つなら、三日ぐらい。  


ただ、 

仕事を三日坊主でやめられたら困るので、 

日を年に変えて、三年がちょうど良いのかと思います。 



 【石の上にも三年生!?】 



 石の上にも三年とは諺だけあっておくが深いと感じます。  


何事も、 

三年ぐらいは腰を据えて取り組みなさい、 

ということでしょう。 


ただ、石の上に三年いたら、ほかに行きなさいと私は思います。 


なぜなら三年間、 

真剣にそこにいたら、 

ほかに行かざるを得ないと思うからです。  


三年間を能楽の教えである「守破離」にたとえてみます。 


1年目 守=師匠(社長)・先人(上司)からその道を徹底して学ぶ(盗む) 

2年目 破=技から得た型をあの手この手で破る格闘の日々 

3年目 離=型破りな道が開けたとき己が道が開けて離れます 


つまり、 

石の上にも三年の間に、 

最短コースではありますがその道のそれなりのスペシャリストになります。  


ただし、 

石の上にぼんやり腰を据えたら、 

技を得ることもできぬまま化石化します。  


三年で離れられる人が、 

世の中何人いるかわかりませんが、 

たぶんとても少ないと思います。 


一般的な意味での、 

石の上にも三年は、 

ようやく守を終えて一人前という意味だと思いますが。 




【職場を三年で変えること、と、職業を三年で変えることは、ものが違う】 


ちょっとここで、 

職場と職業を三年ごとに変える、 

人の違いについて触れてみます。 


仕事内容が変わらずに、 

職場を単に変えている人は、 

生臭さを回避してフレッシュ感を得るためにしていると思います。 


職場という次元ではなく、 

職業(取り組んでいるもの)が3年ごとに変わる人は、 

神様に「次行けよと」谷底に落とされ、 

新たな苦難の道を歩まされた求道者であることはほぼ間違いないです。 


自分が生きてゆく中で、 

そういった後者の方々と出会うと、 

しみじみした気持ちになります。 




 【名刺作り(肩書き)に毎度頭を悩ませる人に向けて】 


オチの付けどころして、 

実は名刺について、 

触れたかったのです。 


私は、名刺を作るのが、苦手です。 


ある日、 

自分を規定したとしても、 

いつの日かその自分がそこから抜け出そうとするからです。 


単一のコトバでは、 

どうしてもすくい取れない自分を、 

いつも抱えています。 


ちょい話がそれました。 


つまり、 今の時代、 

どうせ職場が変わるし、 

何より職業が変わるような稀有な人は、 

最初から名刺に 、


「3年後はいません」とか

「こちらの名刺は○○年は有効です」とか

 「賞味期限は○○年。消費期限は○○年」とか


 一文あるといいんじゃないかと思ったのです。  


そうするともらった方もちょっとは安心するのではないでしょうか? 


(だってその人は生涯がそこにいるわけではないのだから。) 



人生なんて、 

その場かぎりの、 

カメレオンですから。   


                           せいけん 

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000