飛ぶときは一緒だよ。(作 鈴音彩子)

からだ部に入部しましたあや~んです。

初めての方もそうでない方もどうぞよろしくお願いいたします。

物語の手前のあれやこれや、いい風が吹いた頃にお届けできれば。

はい。


今日お届けするのは

「飛ぶ時は一緒だよ」と約束をしたふたりのお話。


ふたりって誰でしょうね。

仮に、花びらにしましょうか。桜の、花びら。


 *


春風が吹いた時にふたりは飛びました。


…ふわり…


理想はそうしたかったのですが今日の春風は優しくありません。

ひとりは大地に叩きつけられました。

もうひとりは空中で回転しています。


飛んだ後の事は何も約束していませんでした。


でも

空中の花びらはひるがえり着地しました。

一緒に居たい“想い”がふたりを結びました。


「一緒にいられるね」

「一緒にいられるね」


ふたりは重なり

ほんのり濃くなって地面を染めました。

次々と花びらが舞い降りる中、ふふふと笑うのでした。


 *

時は過ぎ、桜絨毯はなくなりました。

ふたりは何処へ行きましたのやら。


                      もの かたり部  鈴音彩子


「桜絨毯」2018 春

(写真:ふくながまさえ)


からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000