アイデアは考えない。 


世の中には、 

アイデア創発関連の本が、 

踊るように溢れていると思います。 


舐め尽くすように読みたいと思うのですが、  

結論から言うと、それらは読まず、 「アイデアは考えない」 方が、  

良いのではないかと私は思います。 


特に、 「アイデアを形にする」 ことをセットで考えている人ほど、 一人でアイデアを考えない方が良いと思う。 


と言うのも、  

一人であれこれ考えて何らかの面白いアイデアが生まれると、 

どうしてもそのアイデアに固執してしまうことがあると思います。 


やがて、「形にしなきゃいけない病」を併発して疲れちゃうのではないでしょうか。  


そうなると、 アイデアであった言葉が、 自身の身動きを取れなくさせてしまいます。  


それよりも、 「親和性の高い異なる人たち」と、 ペチャクチャおしゃべりできる場をセッティングする方が大事だと思います。 


そして、 その人たちの内なる声を引き出し、 異なるもの同士でも繋がる接点を見つけてあげること。


ちゃんとした形で接続することができれば、 自然と動きのある「命を伴ったアイデア」が生まれます。 


そのようにして生まれたアイデアは、 アイデアを形にしなければと四苦八苦する労力が薄れます。


むしろアイデアが動力となって、 人と人をさらにつなげ、 今行くべき目的地へと心地よく導いてくださいます。 


我が人生の、 

数々の失敗と成功を振り返ると、 

うまく行くときほど何も考えてないです。 


だからこれからも、 私は頭「からっぽ」を、 謳おうと思います。  



変な人 青剣  






からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000