からだ部から「おバカ部」へ!?


みなさま。

 こんにちは。

 からだ部部長の青剣です。


 「からだ部」は「おバカ部」への転身を目指します!?  


そもそもなぜ、そのような方向になったのかについて、お話しします。  


からだ部の部員たちは基本的にみな忙しいのです。  


(たぶん一番ひまなのは私です、こんな記事を書いているぐらいだから)  


忙しすぎて十円ハゲになったりするもの、(完治したのであえて言います)

出演依頼を断らない生き方をした末若くして心臓にペースメーカーを入れたりするもの、

深夜の布団の中が一人会議室となりよなよな思考を発酵させるもの(私です)、

子育てに写真に日々の教えのインストラクターに趣味の果てのあらゆる生涯学習に手を出すもの、

などなど。 


これ以上忙しくなったらみんなからだを悪くしてしまう。  


そんなわけで、 

からだのことを真面目に勉強するのはやめようと、 

からだ部の部長は思ったのです! 

 (からだ部なのに) 


その代り、 部員たちにはちょっぴり、 おばかになってもらうことにしました。  


<え!なぜ?その思考の転換が全くわからないと思われるでしょうが。>


 そして、 それぞれの暮らしや活動に、 違った角度から目を向けて欲しいとお伝えしました。 


というのも、 部員たちの活動には、 小さな宝がひそんでいるからです。  


当事者であると、活動に没頭するあまり、どうしても見えないのです。 


(昔の私もそうでありんすた。)  


そのため、 

からだ部では、

 部員たち(私ふくめ)の活動に宝を見つけ、 

それらに春のような光を当ててちょっとずつ発信してゆきます。


 そしてそれを愛しい人からもらうお手紙のように仕立てあげたいと思ったのです。


 そのために必要なのが「おバカ」なのです。


 ちょっぴり、 

おバカにでもならないと、 

自分たちの宝に気づいて発信する前に理性がブレーキをかけてしまいます! 


 というわけで「からだ部」はおバカになって発信してゆきます。 


今後とも「からだ部」をお見守りいただければ幸いです。


以上:ご報告まで。


 追記:からだ部の部活動(WS or 勉強会)は続きます。 


                                   からだ部部長 青剣     

からだ部

からだ部とは、「からだを感じる」をコンセプトに、部員たちがモノをつくり発信する部活道である。 主な活動は、 1)メディア 2)ワークショップ 3)企画 の三つになります。

0コメント

  • 1000 / 1000