作品

部員たちがつくった作品たちです。



赤の少女と白い虎

赤の少女と白い虎

赤の少女と白い虎の一覧。【赤の少女と白い虎】 22. 移ろいの波紋 (作・あだちあきこ) - ふっと目を開くと、真っ暗な中でわたしはうつ伏せで浅い水たまりにつかっていた。重い体と、ひんやりとした大地の硬さを頬に感じた。目の前に指が見え、少しだけ動かした。口の中に水が入ってくる。 鉄の味に舌が痺れた。この時、わたしの体は自分自身の血の海に横たわっていたと後できいた。 遠くから人の声が聞こえたような気がして、そのまま再び意識を失ったのさ。これが2頭の龍の話さ。◇◆◇姫はふーっと深く呼吸を吐いた後、グラスの水をゆっくりと飲んだ。「おばあさま」にこっとして続けた。「龍の話なのに、爪と鱗しか出てこないなんて」 言葉に反して、その頬は淡く桃色に染まり、目がひときわ大きく輝きを放っていた。 「ふふ、そうだな。でもこれが本当の龍の話なのだよ」 谷守りの老婆はそういって、ゆったりと葉巻のタバコをくゆらせた。 煙が風に乗り、ゆっくりと空に昇っていく。「兄たちには話さぬようにな」 こくり、と姫はうなづいた。「ねえ、おばあさまはそれからどうなったの?」 「それから? そうだねえ……」 遠い目で噛みしめるように谷守りの老婆は続けた。 「血まみれで横たわっていたわたしを見つけたのは、同じ年の言の葉つかいの男の子だった。見つけた時はほとんど呼吸をしていなかったと教えてくれたよ。腸のほとんどを失くしていたのだけれど、その子のおかげでかろうじて命がつながったのさ」 「よかった」 赤い実をほおばりながら、姫は笑った。 「お師匠はなんて?」 谷守りの老婆はふふ、と笑った。「もちろん、勘当されたさ。でもあまりにも体の傷が深くて癒えるのに何年もかかってしまったからね。 その間はずっとお世話になったんだよ。誰も禁忌を犯したわたしの世話をしたがらなかった。でもわたしを見つけた言の葉つかいの子だけは違った。食事や手当を何年もかけて世話してくれたんだよ」 その瞬間、聞いていた姫の顔がパッと輝いた。「……もしかすると」谷守りの老婆が口を開こうとしたその時だった。ドーンとした地響きとともに、宮殿全体がぐらりと揺れた。 とっさに谷守りの老婆は姫を抱き寄せ、宇宙の風読み師が2人におおいかぶさった。 遠くから人の叫び声が響き渡るのが聞こえてきた。〜つづく

からだ部


映画のある暮らし


風虫の唄


勝手に作った造語集


神様の樹


デパーゼ


ポスト

ポスト

ポストの一覧。ポスト vol.9 【了】(坂尾菜里) -    何かにつまずいて派手に転んだ。手に持っていた折り畳み傘は泥水に少しだけ浸かっている。手の平が痛い。昼過ぎから降り出した雨は夜が近づくにつれ、勢いを増して、今では周囲の音を消してしまうほど強く大地を叩いている。 傘を拾って立ち上がる。持ち手から泥水が伝わり、腕を伝わっていく。砂利の混ざったその水が気持ち悪く、私は傘を閉じた。ここまで濡れてしまえばどうでもよかった。地面に強打した膝が痛む。 何につまずいたのか知りたくて振り返ると地面に誰かのスニーカーが転がっていた。履き古したその靴は雨に濡れて靴としてのやる気を失っていた。私はそれを人差し指と親指で摘まんで道の端へ寄せた。薄汚れたNの文字が目につく。 雨に打たれるのは何年振りだろう。どこかが痛くなるほどの勢いで転んだのは何年ぶりだろう。 べしゃべしゃと音を立てながら、帰路を行く。たまに大きな水たまりを避けずに踏んだ。靴の中の冷たい水が私の36.5°の体温によって温められていく。手の平と膝が痛む。仰々しいLEDの街灯の下で手の平を見ると、赤い液体が次々と降る水によって指先へ流れていた。酸化していない血液を見るのも久しぶりであった。私は手の平に舌の先を伸ばす。温かな舌は冷えた手の平の表面を弛緩させる。ばたばたと屋根を叩く音がやけに耳につく。目の前の泥水をつま先で蹴る。身体の芯だけが熱く、放射状に伸びる意識はしんとしていた。 靴の中の温かい水を感じながら、白々しい明かりから離れていく。 雨は止みそうにない。                                      (了)

からだ部


みんなのショート・ショート